辻監督、パ・リーグ2連覇を報告

共同通信

 西武の辻発彦監督が21日、東京都豊島区の西武ホールディングス本社を訪れ、後藤高志オーナーにパ・リーグ2連覇を果たしたシーズンの報告を行った。約30分の会談後に「選手の頑張りがあって、2連覇できたことをうれしく思う」と話した。

 主将として連覇に貢献した秋山翔吾外野手が海外フリーエージェント(FA)権を行使して米大リーグ挑戦を目指している。移籍すればチームには痛手となるが「そのポジションを狙えるチャンス。若い選手が目の色を変えてやってくれれば」と新戦力の台頭を促した。後藤オーナーは「来年はリーグ3連覇、日本一を目指して引き続きやってほしい」と期待した。

PR

プロ野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ