『スター・ウォーズ』新ドロイドD-Oは「ストーリー上、重要な役割を果たす」

オリコン

 今年4月に米シカゴで開催された世界規模のファンイベント『スター・ウォーズ・セレブレーション』で、タイトル『スター・ウォーズ/ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー(原題)』の発表とともにお披露目された新キャラクターのドロイド「D-O(ディオ)」。12月20日の公開に先駆けて商品化の的となっているが、本編でどんな活躍を見せてくれるのか。

【動画】『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』予告編

 8月に米ロサンゼルスでレイ役のデイジー・リドリーにインタビューした際、D-Oとの共演シーンについて次のように答えていた。

 「いくつかあるわよ。それも、とっても楽しいものが。あれがカットされていないことを願っているわ。すごく緊張感があるシーンで、彼がとてもおかしなことをやるの。完成作に残っているかどうかわからないけれども、あれはぜひ観ていただきたいわね。それに彼はストーリー上、とても重要なのよ。かわいくて小さいだけじゃなくて、すごく重要なの」。

 同じく8月のロサンゼルスで、J.J.エイブラムス監督にD-Oを登場させた経緯を聞いた際も「このキャラクターは、ストーリー上、重要な役割を果たす」と明言した。

 新キャラクターは、公開前の話題作りにも欠かせない。「僕らはその必要性をわかっていたが、どんなキャラクターをどのように物語の中に登場させるか、が重要だ。そこで、BB-8よりさらに小さいキャラクターが出てきたらどうだろうか、とクリーチャーチームといろんな方向からデザインを考えた。多くのデザイン案が上がった中で、僕が『これだ!』と、思ったものがD-Oになった。僕は以前から一輪車をコンセプトにしたキャラクターのアイデアを持っていたんだ。

 パーソナリティーが感じられるデザインに仕上がっていると思わないかい? 彼はBB-8が行くところにどこにでもついて行くんだ。彼はBB-8の相方みたいになる。彼らが一緒にいるのはすごくかわいいんだよ。そして、このキャラクターは、ストーリー上、重要な役割を果たす。君たちに見てもらうのが待ちきれないよ」。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ