『ゼロワン』不破さん岡田龍太郎、『ジオウ』&『リュウソウ』を圧倒「A.I.M.S.の勝ち!」

オリコン

 1988年にスタートして以来、伊藤英明、小池徹平、三浦翔平、菅田将暉、犬飼貴丈らを輩出してきた若手俳優の登竜門『第32回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト グランプリ』最終選考会が24日、都内で行われ、歴代ジュノンボーイの小原唯和(28回ファイナリスト)、押田岳(29回グランプリ)、岡田龍太郎(29回準グランプリ)、綱啓永(30回グランプリ)、奥野壮(30回フォトジェニック賞、明色美顔ボーイ賞)が登場した。

【画像】さすが仮面ライダー! らくらくとチンニングする岡田龍太郎

 最終選考会の思い出を問われると小原は「控室で震えていた記憶がある…。待ち時間で気持ちが落ち着かない」と振り返り、押田は「戻ってきても緊張する」と苦笑い。自由パフォーマンスでピアノを弾いた岡田は「ずっと、そこ(ステージ裏)でピアノ弾いてました。終わった後はやりきった感で楽屋でボーッとしてました」と懐かしんだ。当時と今で変化したことを問われると綱は「お酒を飲めるようになりました。18歳で飲めなかったんですけど、今は『リュウソウジャー』のメンバーとお酒を飲みに行くことがありますね」とにっこり。奥野は「より、こういう舞台に立つのが緊張するようになりました。16歳の当時の僕は怖いもの知らずだったんですけど、こういうお仕事を経験するにつれて緊張するようになりました」と変化を語っていた。

 奥野と押田は『仮面ライダージオウ』、岡田は『仮面ライダーゼロワン』、小原と綱は『騎士竜戦隊リュウソウジャー』に出演しており、ヒーローが大集合となった。そのため“最強ヒーロー決定戦”を開催することに。ぶら下がり対決が行われ、2回グランプリの武田真治が監修として参加した。武田は「芸能界に入るまでは幸運が導いてくれることもある。入ってからは力が大事になってくる」と力説したがMCを務めた霜降り明星のせいやは「ホンマの力なんですか…。芸能界って腕力なんですね」と戸惑っていた。

 前半は小原、押田、岡田の3人が勝負。小原が脱落し、続けて上半身裸となって気合十分だった押田だったが無念の落下。押田は「龍ちゃん、強いわ…」と驚きの声を上げると、岡田は「特殊部隊A.I.M.S.の勝ちですよ」と演じる仮面ライダーバルカン/不破諫のように熱く燃え上がった。

 後半は綱、奥野に加え、せいやも混じってぶら下がり。奥野が勝ち抜けし、岡田との最終決戦となった。連続挑戦となった不利もあり、そうそうに奥野が落下。見事に優勝に輝いた岡田はガッツポーズで勝ち名乗りを受けた。

 岡田を祝福しながら武田は「ジュノンボーイの中でヒーロー物をやってないのは僕ぐらい。どれかと『筋肉体操』を交換しない?」と、まさかの提案をして5人を笑わせた。

■『第32回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト グランプリ』各賞
グランプリ:静岡県出身・中学1年生の渡邉多緒さん(12)
準グランプリ:三重県出身・大学1年生の西野遼さん(18)
審査員特別賞:シナモロール
フォトジェニック賞:兵庫県出身・大学3年生の高木裕也さん(21)
OSMIC賞:静岡県出身・中学1年生の渡邉多緒さん(12)
明色美顔ボーイ賞:東京都出身・大学2年生の鈴木克哉さん(19)
QBナビゲーター賞:三重県出身・大学1年生の西野遼さん(18)
DDセルフプロデュース賞:大阪府出身・中学2年生の橋詰昌慧さん(14)
イチナナLive賞:静岡県出身・フリーターの井上頼弥さん(20)

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ