松本零士氏、会見欠席もコメント寄せる “重体報道”を否定「退院や帰国は未定ですが、順調に回復」

オリコン

 イタリア・トリノを訪問中に体調を崩し、一部メディアで「一時重体」だと報じられていた漫画家の松本零士氏(81)。28日、都内で行われた『Olympic Heritage Collection「2020 Lucky Cat Edition」』発売記念発表会は欠席することとなったが、コメントを寄せ、現状を明かした。

【写真】松本零士氏が手掛けた作品のデザイン

 松本氏は「当初の報道にあったようなことは全くなく、ホッとしております。まだ退院や帰国は未定ですが、順調に回復に向かっています」とコメント。今後については「長時間のフライトに耐えられるのか、現地の医療スタッフの皆さまが慎重に対応してくれてるので、ご安心ください」としている。

 この日、お披露目されたのは、アートを通してオリンピックの歴史を表現するプロジェクト「オリンピック ヘリテージコレクション」の新商品。各国の豪華アーティストが多数参加しており、日本からは松本氏のほか、『キャプテン翼』の原作者・高橋陽一氏が作品を提供している。

 松本氏が手がけた作品デザインもお披露目され、高橋氏は「すごいファンシーで明るいイメージ。松本先生はスポーツに対して、ファンシーな意識があるのかなと思います」と笑顔を浮かべた。

 同席した元競泳選手の北島康介氏は「松本先生を含めて、2回目の東京オリンピックを楽しんでほしい。早く元気になってほしいですね」。タレントの中川翔子は「松本先生の病状が本当に心配でした。回復に向かっていると聞いて、ホッとしました。早い回復を祈っています」と話した。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ