のん、ツイッターは感情高ぶると“10連投” SNSマナーも意識「ネガティブな時は起ち上げない」

オリコン

 女優で創作あーちすと・のんが28日、都内で開かれたWEBメディア・withnews5周年記念イベント『#ウニュトーク ココロを動かす情報発信 ~withnewsの5年間で見えてきたもの~』に出席。インスタグラムやツイッターなど、SNSを始めるようになったきっかけや、発信する際に心掛けていることついて自身の考えを述べた。

【全身ショット】ゆったりとしたロングワンピ姿で登場したのん

 withnewsの奥山晶二郎編集長とのクロストークで、“のん”になってからSNSを始めたきっかけについて「自分から発信していく方になりたくて、すごく主体的に活動したいと思っていた。『こういうふうに活動してますよ』って言う場を作って、のんを知ってもらいたくて始めた」と経緯を説明した。

 ツイッターは音楽制作中など感情が高まった時に利用するそうで、「深夜とかに通知が来る方には申し訳ないんですけど、深夜とかにバーッとつぶやくことが多い。1回思いがあふれると一言にまとめられない。ずっとつぶやいてなかったのに、一気に10個くらい投稿します」と苦笑しながら告白した。

 またSNSで発信する時は「ポジティブで楽しいと思えることを発信するよう心掛けてる。沸き立ってる感情が伝わるにはどういう文章になるか組み立てていって、素直な気持ちで表現するよう気をつけてます」とした一方、「ネガティブな時は(SNSを)起ち上げない」とSNSを扱う際の“マイルール”を紹介した。

 withnewsは新聞になじみのない、若者世代、向けのニュースサイト。「取材リクエスト」を通じた読者との双方向的なやり取りや、ネットで話題になっているテーマの深堀り取材など、WEB全盛の時代における、新しい報道の形を模索している。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ