寺田心、洋画声優初挑戦「難しかった」 『金ロー』で『ホーム・アローン3』新吹き替え版放送

オリコン

 12月6日放送の日本テレビ系『金曜ロードSHOW!』では、クリスマス映画の名作『ホーム・アローン3』(後9:00~)を新吹き替え版で放送することが決定。国際テロ集団を相手に、撃退戦を繰り広げる主人公、8歳の男の子・アレックスの声を今回、本作で洋画声優初挑戦の寺田心くん(11)が演じる。

【写真】寺田心が演じる主人公…8歳の男の子・アレックス

 そのほか、アレックスのママ役に戸田恵子、お姉ちゃん役のスカーレット・ヨハンソンの声を鈴木梨央、4人組の犯罪集団は『IT/イット“それ”が見えたら、終わり。』のピエロ、ペニーワイズの吹き替えや『アナと雪の女王』のウェーゼルトン公爵の声を担当した多田野曜平をはじめとして、てらそままさき、森川智之、佐古真弓といった実力派声優陣が顔をそろえる。

 さらに、アレックスと共に強盗団と戦うオウム役には、「ホーム・アローン」シリーズ1~3で主人公の声を演じた矢島晶子が担当。そして、同局からは、桝太一アナウンサーが主人公のパパ役を、徳島えりかアナウンサーが空港アナウンス役と警察のオペレーター役の2役で登場する。

 初の洋画アフレコ収録について心くんは「難しかったですが、初めての洋画のアフレコだったので一生懸命勉強して、一生懸命やりました」とコメント。「大変だったことは?」には「英語のしゃべりに日本語のテンポを合わせるというのが難しかったです」といい注意した点は「お芝居をいつも通りやれるようにその子の気持ちになってがんばりました。お芝居は身体で動いたり表情で表すけど、(アフレコは)声なので難しかったです」と明かした。

 視聴者に向け「とにかくアレックスとネズミのドリスがとってもかわいくて。本当に『ホーム・アローン3』は家族みんなで見られる映画だと思います。そして、あの『ホーム・アローン3』に声優として参加させていただいて本当に夢のようです。アレックス君の奮闘と僕の初めての吹き替えの奮闘をお楽しみいただけたらありがたいなと思います!」と呼びかけている。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ