佐藤二朗、清野菜名と再タッグ 謎の人物“Mr.ノーコンプライアンス”役に起用

オリコン

 俳優の佐藤二朗が読売テレビ・日本テレビ系で放送される2020年1月期新日曜ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』(毎週日曜 後10:00)に出演することがわかった。俳優・横浜流星と女優・清野菜名がW主演し、世の中のグレーな事件にシロクロつけるべく、驚異的な身体能力を持つ謎の女・ミスパンダ(清野)と彼女を操る男・飼育員さん(横浜)が活躍する物語で、2人に依頼する謎の人物『Mr.ノーコンプライアンス』役に決定した。

【写真】クールな表情を浮かべる佐藤二朗

 佐藤と清野といえば昨年放送された連ドラ『今日から俺は!!』で親子役として共演。今回が2度目となる清野は「今回はなかなか会う機会がなさそうですが、どうにかドラマ上で会えたらうれしいなと思っています。そうしたら私も楽しさが増えるので、そういう脚本にしていただきたいです。お願いいたします!」とリクエスト。「また真面目なって言ったらちょっと言い方が悪いかもしれないですけれど、真面目に、まじめな役をやっている二朗さんを見れるのがすごく楽しみです」と期待を寄せる。

 そんな清野について佐藤は「役者の垢みたいなのがついてないと言いますか、感じさせないんです」と好印象。前回の共演時には「ひらがなの『な』が5文字『ななななな何を言っているの?』っていうセリフがあったんです。普通、俳優は、「な」を律儀に5文字言わないと思うんです。でも清野はしっかりと5文字言うんです。『ななななな何を言っているの?』って。それが抜群におもしろかったんです。狙っていない面白さといいますかね。非常にそういう意味で注目している女優さんなので、今回また絡めて非常にうれしいです」と彼女ならではのエピソードを明かした。

 今回、佐藤は飼育員さんこと主人公の森島直輝に指令を出す、謎の男というミステリアスな役柄に挑戦。週刊誌やワイドショーで騒がれる事件が、グレーなまま間違ったや憶測をはびこらせる現状に対し、法律では裁けない真実を暴き出す活動をしている。その行き過ぎた正義感には、過去に下した“ある決断”が関係している…。

 佐藤は「この日曜10時半という枠はオフェンシブな感じの作品が多いので、本当にそれにふさわしく、その中でもちょっとエッジが効いた作品になると思います。企画書を見たとき『これ本当に地上波でできるのかい!』って思ったくらい、地上波ぎりぎりのところをやろうとしている作品だと思いますので、その辺を見ていただけたらなと感じております」とその攻めた内容にも注目だ。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ