片寄涼太&橋本環奈、30センチの身長差に“萌え”の声

オリコン

 あす6日に公開が迫った、GENERATIONS from EXILE TRIBEの片寄涼太と女優の橋本環奈がW主演を務める映画『午前0時、キスしに来てよ』。このラブロマンスを演じる片寄の身長が183センチ、橋本は152センチで30センチ以上ある身長差に、女性ファンからは「憧れる…」「身長差めちゃめちゃ萌える!」といった声もすでに上がっており、主演2人の“身長差萌え”ショットが解禁になった。

【別カット】メガネ姿の片寄涼太が橋本環奈に帽子をかぶせる

 原作は『別冊フレンド』で連載中のみきもと凜氏による人気コミック。優等生の日奈々(橋本)は、超まじめ人間として、学校内で一目おかれる存在。しかし、本当は、おとぎ話のような王子様との恋愛に憧れる夢見がちな女子高生。ある日、国民的スーパースター綾瀬楓(片寄)が、映画の撮影で日奈々の学校へやってくる。エキストラとして参加した日奈々は楓の飾らない素顔に恋していき、楓も裏表ない日奈々の素顔に次第に惹かれていくストーリー。

 新しく解禁された場面写真は、夜の遊園地で日奈々の目線に楓があわせ笑顔を見せる幸せ感満載のショットに、メガネ姿の楓が日奈々に帽子をかぶせる思わずキュンとするようなシーン。

 初共演の2人だが、橋本は「楽しかったです! 片寄さんは関西の方なので、普段の掛け合いはボケとツッコミみたいな時とかもありました(笑)。基本撮影している間はずっと2人でしゃべっていた印象がありますね」と笑顔。片寄は「あの近い距離感、あのノリで話せる橋本さんが日奈々でよかったなって思います」と、早々に打ち解け合い、息の合った撮影を振り返っている。

 本編でも、日奈々の高校に楓が撮影で訪れて初めて出会うシーンで、スーパースターに緊張と憧れのまなざしを向ける日奈々と、優しい笑顔を向ける楓。ほかにも、遊園地の貸し切りデート中に日奈々のソフトクリームをもらおうと楓が背をかがめようとするなど“身長差映え”の場面を楽しむのも本作を楽しむポイントのひとつになるだろう。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ