山崎差して算通3V ルーキー第22戦 【平和島】

友好紙

 平和島ボートの「スカパー!JLC杯ルーキーシリーズ第22戦」は14日、最終日の12Rで優勝戦が行われ、2号艇の山崎郡(30)=大阪=が2コースからコンマ13のSで差しを決め、通算3回目の優勝を飾った。

 パートナーの呼び掛けにエース機が即座に応えた。インの藤山がコンマ02のSで渾身(こんしん)の先マイを放つ。山崎は13とSで後手に回ったが「伸び返して行ったし、楽に1マークを差せた」と言うように、藤山の懐に飛び込む。舟が前を向いてからはエース機の本領を発揮。BSで伸びて首位に躍り出ると、道中追い掛ける藤山を振り切ってのV戴冠劇に「いいレースが見せられたし大満足」と誇らしげに答えた。「この優勝が自信につながる。大阪勢は層が厚いけど、その中でも頭角を現したい」。その視線はルーキーシリーズではなく、もっと大きな舞台に向いている。

PR

ボートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ