大相撲、東関部屋で元潮丸の通夜

共同通信

 大相撲の元幕内潮丸で、13日に血管肉腫のため41歳の若さで死去した東関親方=本名佐野元泰、静岡県出身=の通夜が18日、東京都葛飾区の東関部屋で営まれ、葬儀委員長で日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)や師匠だった元関脇高見山の渡辺大五郎氏ら約550人が早過ぎる別れを惜しんだ。開式前には兄弟子だった元横綱の曙太郎氏も姿を見せたという。

 八角理事長は「家族のため、力士のため復帰するという強い気持ちで頑張っていたところ残念でなりません」とコメント。渡辺氏は「まだ若い。これからですよ。もう少しいてほしかった」と悲しんだ。

PR

大相撲 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング