サッカー、リバプール初の世界一

共同通信

 【ドーハ共同】サッカーのクラブワールドカップ(W杯)最終日は21日、ドーハで決勝が行われ、欧州代表のリバプール(イングランド)が南米代表のフラメンゴ(ブラジル)を延長の末に1―0で下して優勝し、前身大会を含めて初のクラブ世界一に輝いた。

 リバプールは延長前半9分にフィルミノが決勝点を挙げた。フラメンゴは1981年に前身のトヨタカップでリバプールに勝って以来、38年ぶりの優勝はならなかった。

 3位決定戦はモンテレイ(メキシコ)がアルヒラル(サウジアラビア)と対戦し、2―2からのPK戦を4―3で制した。

PR

海外サッカー アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング