MLB

ソフトBのコラス外野手が亡命か

共同通信

 【ワシントン共同】プロ野球ソフトバンクで昨季プレーしたキューバ出身のオスカー・コラス外野手(21)が米大リーグ移籍を目指し、亡命したと3日、メジャー公式サイトが伝えた。

 左投げ左打ちのコラスは2017年に育成選手としてソフトバンク入り。速球派の投手でもあり投打の「二刀流」で将来を嘱望された。昨季は6月に支配下選手となり、8月には西武戦で初打席初球本塁打をマーク。7試合に出場し、打率2割7分8厘、1本塁打、2打点だった。

 キューバ選手ではDeNAでプレーしたユリエスキ・グリエル内野手が16年に亡命し、アストロズ入りしている。

PR

MLB アクセスランキング

PR

注目のテーマ