ばんえい競馬で30連勝

友好紙

 北海道帯広市で開かれている「ばんえい競馬」で6日、第11レースに出走したホクショウマサル(牡9歳、坂本東一厩舎)が1着となり30連勝を達成し、地方・中央競馬を通じた連勝記録を19年ぶりに更新した。

 レースはスタートで出遅れたが、終盤に一気に追い抜いた。騎乗した阿部武臣騎手は「馬を信じて走った。プレッシャーもあったが、勝ててほっとしている。今後も連勝記録を伸ばしていきたい」と語った。

 主催者によると、ホクショウマサルは2013年にデビュー。18年7月から勝ち続け、00年11月に宇都宮競馬場で29連勝を達成したドージマファイターの記録を上回った。日本中央競馬会(JRA)によると、中央競馬の最多記録はオジュウチョウサンの11連勝(平地・障害レースの通算)。

 ばんえい競馬は、体重約1トンの大型馬が鉄そりを引き、二つの坂を含む約200メートルの直線コースを走る。

PR

競馬 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング