初場所へ、白鵬や朝乃山らが抱負

共同通信

 大相撲の一年の幕開けとなる初場所初日を翌日に控えた11日、東京・両国国技館で土俵祭りが行われ、2場所連続44度目の優勝を目指す横綱白鵬や新関脇朝乃山ら三役以上の力士や、日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)らが出席し、15日間の安全を祈願した。

 白鵬は土俵祭りの後、優勝額贈呈式に出席。「あとはやるのみ。(3月で)35歳になる。35歳で年間最多勝というのがあっていいかなと思う」と今年も土俵に君臨する気概を示した。

 多くの来場者に激励の拍手を送られた朝乃山は「自分の相撲を取り切るだけ。挑戦者の気持ちを持って、攻める相撲を取り続ける」と表情を引き締めた。

PR

大相撲 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング