サッカー日本、2連敗で敗退決定

共同通信

 【バンコク共同】サッカー男子の東京五輪世代で争うU―23(23歳以下)アジア選手権第5日は12日、バンコク近郊などで1次リーグ第2戦の4試合が行われ、B組の日本はシリアに1―2で敗れ、2連敗で敗退が決まった。シリアは勝ち点4。

 日本は1点を追う前半30分に相馬(名古屋)のゴールで追い付いたが、その後は好機を生かせず、試合終盤に勝ち越された。同組のサウジアラビアはカタールと0―0で引き分け、勝ち点4。カタールは同2。

 C組では韓国がイランを2―1で下し、2連勝で準々決勝進出を決めた。ウズベキスタンは中国を破り、勝ち点4。

PR

サッカー アクセスランキング

PR

注目のテーマ