松浦G3 4度目V 【和歌山】

友好紙

 和歌山競輪のG3開設70周年記念「和歌山グランプリ」は13日、最終日12Rで決勝戦が行われ、松浦悠士(29)=広島・98期・SS=が最終2角7番手からまくりを決めて優勝。昨年9月の富山以来、4回目のG3制覇を達成した。2着には渡部哲男、3着には大槻寛徳が入った。なお、6Rで行われたブロックセブンは山田諒が制した。

■ヒーロー

 松浦が豪快な捲りを決めて今年最初のレースで通算4回目のG3制覇を成し遂げた。

 レースは近畿勢が前受けで、松浦は後ろ攻め。赤板でインを切り「早めに切ってあとは菅田さんがどこで来るかと思っていた」と冷静にレースの流れを見極めた。打鐘前に菅田が出切ると、稲毛がすかさず巻き返し。「菅田さんも稲毛さんも脚を使っていた。踏み出しは遅れたけど、いいスピードで行けた」と最終バック7番手から踏み上げると番手の渡部を振り切ってVゴールを駆け抜けた。

 昨年のグランプリで連係した清水裕友が年初の立川記念で優勝。松浦も負けじと自身今年最初の記念を制した。「グランプリの悔しさはいったん晴らせた。去年よりもいい1年にしたいし、年末に向けて頑張りたい」と今後も各地でS級S班らしい力強い走りを見せるつもりだ。 (貞 友之)

PR

競輪 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング