寺田徳山記念初制覇 【徳山】

友好紙

 徳山ボートのG1開設66周年記念「徳山クラウン争奪戦」は19日、最終日の12Rで優勝戦が行われ、2号艇の寺田祥(41)=山口・81期・A1=が4カドから豪快にまくり、徳山周年初制覇を決めた。G1は2017年11月、児島周年以来6回目の優勝。2着には池田浩二、人気を背負った1号艇の原田幸哉は3着で、3連単は2万円を超える波乱の決着となった。

■ヒーロー

 地元の寺田が勝負強さを発揮して、デビュー地でもある徳山で、初めて周年Vを果たした。展示の進入は1236/45だったが、本番では5号艇の池田が2コースに入り、大きく変わって156/234。レース直前で「(優勝するなら)カドから一発を決める」と腹をくくっていただけに、願ってもない4コースカドになり、コンマ10のSを決め1Mを豪快にまくった。2コース差しで内から伸びてきた池田を封じて1周2Mからは独走態勢。勝利に徹した気持ちの切り替えが最高の結果を呼び込み、歓喜のゴールを駆け抜けた。

 62回大会の谷村一哉以来4大会ぶりに、地元選手として王冠をかぶると「本当にうれしい。今年はいいリズムでいける」とはにかんだ。17年以来のグランプリ出場を目指す寺田は、地元から幸先のいいスタートを切った。 (是川紀晶)

 ◆最高売上額 徳山G1の総売上額は目標の50億円を大きく上回る60億9030万4100円。開設以来、周年記念では最高の売上額を達成。

PR

ボートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ