正代、徳勝龍が1敗キープ

共同通信

 大相撲初場所11日目(22日・両国国技館)大関貴景勝は平幕宝富士を危なげなく押し出し、2敗を守った。平幕の正代、徳勝龍が1敗を保ち、首位をキープ。正代は新小結大栄翔を押し出し、徳勝龍は碧山を突き落とした。大栄翔は負け越し。

 かど番の大関豪栄道は関脇高安を寄り切って、4勝7敗とした。高安は7敗目。新関脇朝乃山は炎鵬に押し出されて、ともに6勝5敗。

 2敗は貴景勝と平幕の豊山、輝の3人で変わらなかった。十両は元大関の照ノ富士が11連勝で単独トップを堅持した。

PR

大相撲 アクセスランキング

PR

注目のテーマ