DeNA宮崎、打率3割に意欲

共同通信

 DeNAの宮崎敏郎内野手が30日、沖縄県宜野湾市内で練習を公開し、2年ぶりの打率3割超えを目標に掲げた。2017年に3割2分3厘で首位打者を獲得したが、昨季は故障もあって2割8分4厘にとどまった。「もう一度、目指したい。求められるのはヒットを打つこと」と意欲を示した。

 オフは同じ三塁手の松田宣(ソフトバンク)がグアムで行うトレーニングに初めて同行し「半端じゃない量」を走り込んだという。松田宣が5年連続で達成中の全試合出場に敬意を示し「あれだけの選手がこれだけやるのかと身に染みて感じた。最後の一押しにつながると思う」と手応えを口にした。

PR

プロ野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング