元大関豪栄道、スーツに悪戦苦闘

共同通信

 大相撲で28日に引退した元大関豪栄道の武隈親方が31日、東京・両国国技館で開かれた年寄総会に出席し、親方として初仕事に臨んだ。黒系のスーツ姿もお披露目したが「動きにくい。革靴で歩くのも大変」と悪戦苦闘だった。

 急いで用意した既製服のため183センチ、160キロの体には十分にフィットしていない様子。高級ブランドのネクタイは、高校時代の制服で慣れている若手力士に締めてもらったという。「首を締め付けられるようで違和感がある」と着物を懐かしんだ。

 33歳の新米親方は、先輩の親方衆からねぎらいの言葉をもらった。

PR

大相撲 アクセスランキング

PR

注目のテーマ