白鵬、5日に稽古再開予定

共同通信

 右足蜂窩織炎などで大相撲初場所を途中休場した横綱白鵬が1日、東京・両国国技館で押尾川親方(元関脇豪風)の引退相撲に出場し「汗をかいたのは休場してから初めてじゃないかな。2月はしっかり稽古をしていく」と語った。5日に稽古を再開する予定。

 右足の傷痕は完全に癒えておらず「こんなにいやらしく痛いとは。かかとが割れている力士の気持ちが20年やって初めて分かった」と苦笑い。武隈親方(元大関豪栄道)の引退については「だんだんといなくなって寂しい」と話した。

 同じく初場所を途中休場した横綱鶴竜は「悔しさをかみしめて次の大阪に向かっていきたい」と春場所を見据えた。

PR

大相撲 アクセスランキング

PR

注目のテーマ