オリックス新人がパティシエ体験

共同通信

 キャンプ最初の休養日の5日、育成を含むオリックスの新人13選手が宮崎・日章学園高パティシエ科でパンケーキ作りを体験した。育成4位の平野が同校から入団した縁もあって実現。各自が生地を焼き、宮崎県産の果物などで思い思いに盛り付けた。

 ドラフト1位の宮城(沖縄・興南高)は同2位の紅林(静岡・駿河総合高)の顔をイメージしてトッピング。試食では作業を手伝ったオリックスファンのパティシエ科の女子生徒に食べさせてあげ、この生徒が感激で涙ぐむ場面も。宮城は「熱意を持ってくれてうれしかった」と笑顔を見せた。気分転換し「積極的にやりたい」と気持ちを新たにした。(宮崎市)

PR

プロ野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ