不謹慎発言、小結阿炎を厳重注意

共同通信

 4日の日本相撲協会の研修会後に不謹慎な発言をしたとして大相撲の小結阿炎(25)が5日、鏡山コンプライアンス部長(元関脇多賀竜)から口頭で厳重注意を受けた。阿炎は研修会後、報道陣に取材に応じられない旨を伝えた上で「(研修会は)聞いていない。寝ていた」と発言した。

 阿炎は昨年11月の九州場所前にインスタグラムに不謹慎な投稿をし、厳重注意を受けた。研修会は会員制交流サイト(SNS)の使用に関する注意喚起などの内容。相撲協会は個人での投稿を当面禁止としている。

 阿炎と師匠の錣山親方(元関脇寺尾)は5日に相撲協会を訪れて謝罪した。

PR

大相撲 アクセスランキング

PR

注目のテーマ