斉藤氏、王貞治会長と意見交換

共同通信

 プロ野球の斉藤惇コミッショナーが9日、ソフトバンクの春季キャンプ地の宮崎市を訪問し、王貞治球団会長からプロ野球の球団数を12から16へと増やすことに賛成する意見を聞いたと明かし「野球を全国に広げる(意味で)参考にさせていただいた。事業でもあるし、他の人の考えもあるし、すぐにというわけではない」と説明した。

 2014年の政府の成長戦略に対する自民党の提言では、地域活性化の一環で16球団に拡大する構想が打ち出された。斉藤コミッショナーは「現実に北海道、宮城に(球団が)できて拡大して、地方の活性化に貢献した」と話した。

PR

プロ野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング