野球代表の稲葉監督「見守って」

共同通信

 プロ野球南海(現ソフトバンク)で戦後初の三冠王を獲得して捕手兼任監督を務め、ヤクルト、阪神、楽天でも指揮を執り3度の日本一に輝いた野村克也さんの急逝から一夜明けた12日、東京五輪で金メダルを目指す日本代表の稲葉篤紀監督らが世田谷区の自宅を弔問した。

 宮崎でのオリックスのキャンプ視察を終えて駆け付けた稲葉監督は恩師と対面し「感謝の気持ちしかない。オリンピックの年なので、見守ってくださいと言いました」と話した。

 ヤクルト時代に指導を受けた飯田哲也さんや、ヤクルトの衣笠剛球団社長など弔問客は後を絶たず、飯田さんは「ゆっくりお休みくださいと言いました」と話した。

PR

プロ野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ