青山や佐藤らの栄誉に拍手 オートレース2019表彰式

友好紙

 JKAは12日、東京都内のホテルでオートレースのファン感謝祭を兼ねた2019年の選手表彰式を開催し、最優秀選手賞に初めて選ばれた青山周平(伊勢崎)らの栄誉をたたえた。

 SG3勝を挙げた青山は笑顔を振りまいて登壇。「すごい1年でした。賞金が1億円を突破できるとは思わなかった。ナンバーワンになっても自分は変わらない。昨年に負けない成績を残せるよう頑張ります」とあいさつし、会場から大きな拍手、声援が飛んだ。

 女性レーサーの佐藤摩弥(川口)は、作曲家の故平尾昌晃氏のオートレースへの功績をたたえ、一昨年に制定された「平尾昌晃賞」を2年連続で受賞。スーパースター王座決定戦トライアルでの勝利は、ファン投票によるベストマッチ・オブ・ザ・イヤーに選ばれ、「一度も先頭を譲らなかった走りを、ファンの皆さんに評価していただきうれしい」と感謝した。

PR

オートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ