地元で大仕事!村松修二G1初優出V 中国地区選手権 【宮島】

友好紙

 地元期待の若武者が大仕事をやってのけた。村松修二(28)=広島=が5コースからまくって快勝。G1初優出で初Vの快挙を達成した。2着は上平真二。1号艇の前本泰和が3着に入り、地元勢が上位を独占した。

ヒーロー

 チャンスを慌てず冷静につかみ取った。強い向かい風で、6Rから安定板を装着しての2周戦。「いいSを行けた」と振り返る村松は1Mまくり差しを狙ったが、締めていくとみた茅原が締め切れなくなり差し場を失う。そこで外マイに切り替えて鮮やかな一撃。「展開あるかもと思ったけど、冷静に対処しないとと落ち着かせていきました」と満面の笑みで振り返った。

 G1初優出初Vだが「やっと」を繰り返した。やまと学校(現・ボートレーサー養成所)へは9回目の受験で合格と苦労している。今回のVでSG・クラシック(3月17~22日・平和島)への出場権をゲット。SG初出場にも「やっと行けるという気持ち。やれることをしっかりやってきたい」とはやる気持ちを抑え、地に足を付けて臨む構えだ。 (浅野将之)

PR

ボートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング