オリックス吉田正、実戦初本塁打

共同通信

 持ち味の伸びのある打球が右翼フェンスを軽々と越えた。オリックスの吉田正が紅白戦で実戦第1号の2ランを放った。一回1死一塁で山岡のシュートを捉え「甘い球を1球でしっかり仕留められて良かった。速い球に自分のスイングができた」と手応えを口にした。

 キャンプ序盤は自身の打球に納得がいっていない様子だったが、日に日に状態は上がってきているようだ。「あとは変化球への対応とか、いろいろある」と、今後の課題を挙げた。(宮崎市)

PR

プロ野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ