ヤクルト五十嵐、目を閉じて投球

共同通信

 チーム最年長のヤクルトの五十嵐が、ブルペンで入念に投球フォームを確認した。左足を踏み込んで腰を落とした状態から始動して投げ、途中から目をつぶって投げた。

 ずれていた制球を徐々に修正。「米国でコーチに言われてやったのをふと思い出した。見えているとごまかせてしまうことがあるので、感覚を研ぎ澄ます遊びのようなもの」と狙いを語った。(浦添)

PR

プロ野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ