中4―7D(23日)

共同通信

 DeNAは浜矢がテンポよく打たせて取り、4回1失点と先発枠入りをアピールした。新外国人オースティンも二塁打2本と長打力が光った。中日は開幕投手を務める大野雄は連打を浴び、3回3失点(自責点2)といまひとつだった。

PR

プロ野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ