ユース年代にヘディング練習制限

共同通信

 イングランド・サッカー協会(FA)は24日、ユース年代の練習でヘディングを制限するガイドラインを発表した。11歳以下は原則禁止とし、12~18歳も最小限に抑えて段階的に増やすよう推奨している。試合中のヘディングは従来通り可能で、ルール変更はない。

 昨年10月に英グラスゴー大が、元選手は認知症などを患う可能性が高いとの調査結果を発表した。FAは「ヘディングとの因果関係は証明されなかったが、どんなリスクも軽減するため」と新指針を導入した理由を説明した。欧州連盟(UEFA)も今後ガイドラインを発表する予定。(ロンドン共同)

PR

サッカー アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング