大相撲、朝乃山「やるしかない」

共同通信

 新型コロナウイルスの感染拡大で、大相撲春場所(8日初日・エディオンアリーナ大阪)の史上初となる無観客開催が決まってから一夜明けた2日、力士たちは通常通りに稽古に励んだ。

 大関昇進が懸かる関脇朝乃山は大阪市東成区の時津風部屋に出稽古し、引き締まった表情で汗を流した。電話で取材に対応し「決まったからにはやるしかない。力士はみんな同じ気持ちだと思う。テレビで見てくださる方がいる」と集中力を高めた。

 横綱鶴竜は朝稽古後に堺市東区の陸奥部屋で取材に応じ「序ノ口でもお客さまはいる。初めての経験で全く想像できない」と観客がいない本場所に戸惑いを口にした。

PR

大相撲 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング