元大関高安と剣翔が休場

共同通信

 大相撲の元大関で西前頭筆頭の高安(30)=本名高安晃、茨城県出身、田子ノ浦部屋=が春場所5日目の12日、日本相撲協会に「左大腿二頭筋などの損傷で約4週間程度の安静加療が必要な見込み」との診断書を提出し、休場した。4日目に横綱鶴竜に敗れ、4連敗を喫した際に負傷した。

 5日目の対戦相手、関脇朝乃山は不戦勝。休場は昨年九州場所以来で8度目。

 東前頭15枚目の剣翔(28)=本名安彦剣太郎、東京都出身、追手風部屋=も「左膝の前十字靱帯断裂、半月板損傷などで約3週間程度の安静加療が必要な見込み」との診断で休場した。先場所痛めた箇所が悪化した。休場は初土俵以来初めて。

PR

大相撲 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング