大相撲、徳勝龍が初金星で初勝利

共同通信

 大相撲春場所6日目(13日・エディオンアリーナ大阪)横綱白鵬は豊山を危なげなく寄り切り、6戦全勝とした。横綱鶴竜は徳勝龍の寄りに屈して2敗目。先場所幕尻優勝の徳勝龍は初金星で今場所の初勝利。33歳6カ月での初金星は年6場所制となった1958年以降、3番目の高齢記録。

 大関昇進を狙う関脇朝乃山は御嶽海に寄り切られ、初黒星を喫した。御嶽海は全勝キープ。一人大関の貴景勝は炎鵬を突き出し、星を五分に戻した。関脇正代は3敗目。小結同士の対戦は遠藤が北勝富士を押し出し、4勝目を挙げた。

 6連勝は白鵬に平幕の御嶽海、碧山の3人となった。

PR

大相撲 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング