ボクシング、並木月海ら帰国

共同通信

 ボクシングの東京五輪アジア・オセアニア予選を終えた日本代表が13日、アンマンから成田空港に帰国した。女子はフライ級の並木月海、フェザー級の入江聖奈が日本女子初となる五輪出場権獲得。並木は「すごくうれしい。東京でしっかり金メダルをとって、女子アマチュアボクシングを少しでも有名にできたら」と語った。

 入江は五輪を決めた準々決勝を振り返り「世界選手権で負けた相手だったのでリベンジできた。今までで一番うれしかった」と満面の笑みで話した。

 日本男子の五輪出場決定第1号の男子ウエルター級の岡沢セオンは「いい報告ができることの安堵感がすごく大きい」と表情を緩めた。

PR

格闘技 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング