オ4―10神(14日)

共同通信

 阪神は途中出場の大山が2点本塁打を含む2安打を放ち、三塁の定位置奪取へ好アピール。陽川も3ランで勝負強さを発揮した。オリックスは2番定着が見込まれる中川が2ラン。先発挑戦の漆原は変化球の精度が課題で3回2失点。

PR

プロ野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ