白鵬、全勝対決制し首位に

共同通信

 大相撲春場所7日目(14日・エディオンアリーナ大阪)横綱白鵬が平幕御嶽海との全勝対決を押し出しで制し、7連勝で単独首位に立った。横綱鶴竜は炎鵬を押し倒して5勝2敗とした。

 前日に初黒星を喫した大関とりの関脇朝乃山は小結遠藤を小手投げで下して6勝目を挙げた。遠藤は3敗目。一人大関の貴景勝は徳勝龍を突き落とし、4勝目で白星が先行した。

 勝ちっ放しの白鵬を1敗で朝乃山や御嶽海ら5人が追う展開となった。

PR

大相撲 アクセスランキング

PR

注目のテーマ