『ブラタモリ』卒業の林田理沙アナにタモリ「ご出世なさいませ」

オリコン

 NHK総合の『ブラタモリ』(毎週土曜 後7:30)で、2018年4月からタモリの相棒役を務めた林田理沙アナウンサーが14日の放送分(#160)をもって番組を卒業した。番組冒頭、林田アナが最後のロケであることをタモリに告げ、別れを惜しむと、タモリは「そう言いながら、みんなシレッと別の番組に出ている」とぼやき、「ご出世なさいませ」とはなむけの言葉を送った。

【写真】新しく務めるのは…笑顔がキュートな浅野里香アナウンサー

 林田アナが最後に訪れたのは、熊本県・天草と長崎県・島原。「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」として世界文化遺産に登録されたこの地域で、明治まで約250年もの長いあいだ「潜伏キリシタン」が信仰を守り続けることができた秘密を探った。

 ロケがすべて終わり林田アナは「終わっちゃったんですね」とこみ上げてくるものがあった様子。「ありがとうございました。2年間の思い出を抱きしめて一生生きてます」とタモリに宣言していた。

 後任は、2016年入局の浅野里香アナウンサー(札幌局)が務める。浅野アナの初回は4月11日放送の「#161法隆寺」。林田アナは新年度から『首都圏ネットワーク』(関東地方向け)などを担当する。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ