『アド街を見た』と言ったら割引…SNSでバズる“人気番組のあるある” 作者に聞く4コマへの思い

オリコン

 動物たちの「ゆるふわシュールギャグ」がSNSで話題を集めている。『アド街を見た』というタイトルの4コマ漫画は、『アド街ック天国』で紹介されたお店に出向いた際に「アド街を見た」という言葉を伝えると料金割引があるかも…、という“あるある”をテーマにシュールなオチが付き、7万を超える“いいね”を集めた。自らの漫画を“ゆるふわシュール系ギャグ漫画”とカテゴライズする作者のニョペ茄子さん(@nyopenasu)さんに、SNSで笑いを生み出すための“創造”の源泉や、ギャグ漫画を描き続けることの難しさについて聞いた。

【漫画】『アド街を見た』と言ったら割引…SNSでバズる“人気番組のあるある”他、シュールな魚漫画

■“1時間で4コマを描く会”参加で本格的に…SNS公開で感じることとは?

――漫画を描き始めたきっかけについて教えてください。

【ニョペ茄子】SNSでも人気の漫画家、ニャロメロン先生や酒本さけ先生の作品を見たのがきっかけです。作品を見て純粋に面白いなと思いましたし、「自分もこんな4コマ漫画を描いてみたい!」という気持ちなりました。初めて漫画を描いたのは高校生のときで、“魚”というキャラクターは小学生の頃にすでに考えていたものだったので、そこに「うさぎ」など新たなキャラクターを加えて漫画として成立するようにしました。

――どうしてギャグ漫画を選んだんですか?

【ニョペ茄子】小学生の頃、宝ノ瀬躍士先生の漫画『スーパー番犬!プー太郎☆』という作品が好きでした。「世の中にはこんなおもしろい漫画があるんだ!」と衝撃を受けたくらい笑い転げました。それ以降、『銀魂』(空知英秋著)や『ギャグマンガ日和』(増田こうすけ著)などギャグ系の漫画をたくさん読むようになって。先述したニャロメロン先生や酒本さけ先生の作品を読んだときに「4コマという限られたコマの中での表現だったら、自分もチャレンジできるのでは?」と思ったことがギャグ4コマを選んだ理由です。

――SNSで作品を公開するようになった経緯は?

【ニョペ茄子】最初の頃は漫画を描いても周りの友達に見せるだけでSNSに載せることはしていなかったんですが、Twitter上で開催されている『1h4d』という“1時間で4コマを描く会”に参加したのをきっかけに本格的にアップするようになりました。この『1h4d』は、先程お話したニャロメロン先生や酒本さけ先生に加え、亞さめ先生、福岡太朗先生、255先生など、僕が尊敬している有名な漫画家さんたちがたくさん参加していた会なんです。毎週土曜日21時から行われており、参加者同士で作品をリアルタイムで批評し合うことができ、とても勉強になるんですよ。

――SNS漫画の登竜門的な存在なんでしょうか?

【ニョペ茄子】そうかもしれません。ちなみに批評といってもギスギスした感じはなくて、むしろ「繋がりも強くて最高にあったけえ…!」と思うくらい。この『1h4d』の存在がなければ陰で漫画を描いて、誰にも作品を知られずひっそりと終えていってたと思います。

――SNSで作品を公開するメリット・デメリットは何だと思いますか?

【ニョペ茄子】メリットは多くの方の目に触れることができ、「いいね!」数やリツイート数など明確な数字として把握できること。でもこれはデメリットでもあると考えていて、数字によって目が眩む場合もあると感じています。おもしろい→数字が伸びる、はあるけれども、数字が伸びる→おもしろい、とは必ずしも言い切れない。これはあくまで僕の感覚なんですが、あるあるネタやパロディネタは本来の作品の評価以上に数字が伸びてしまう傾向にあると考えています。

■「きっかけは酒本さけ先生のツイート」有名漫画サイトに載ることでフォロワー数も激増

――漫画投稿サイト『ジャンプルーキー!』でも作品を掲載されていますね。

【ニョペ茄子】『ジャンプルーキー!』は酒本さけ先生の「ジャンプルーキー!に投稿していなかったら今漫画で生活出来ていなかった。」というツイートを見て、「俺も投稿してみよw」と軽い気持ちで投稿を始めました。作品が掲載されるようになってからは、フォロワー数やリツイート数がえげつないほど増えて自分でも驚いています。個人のSNSではなく、ちゃんとした漫画サイトに作品が載ることにとても意義があるんだなと身を持って知りました。

――4コマ漫画1本を描くのに要する時間はどれくらいですか?

【ニョペ茄子】キャラクターを描くのは簡単なので描くのにかかる時間は1作品1~2時間くらいですが、見直して後から修正を加える日もあります。基本的に漫画は完成してすぐにアップはせずに、一晩寝かしてから上げるようにしているんです。一度リセットすると、描いた直後には分らなかった発見があったりするから。「本当におもしろいのかな?」と思ったら数日寝かせることもあります。

――毎日のように作品をアップされていていますよね。

【ニョペ茄子】個人的には量よりも質を保ちたい派なのですが、周りの漫画家がほぼ毎日のように作品をアップしているのでそれに影響されて「自分も頑張らなくては」と思い、結果週4~6のペースで漫画を描いています。

――創造表現をする上で気をつけていることはありますか?

【ニョペ茄子】自分の場合はなるべくツッコミを入れないこと、文字を詰め込み過ぎないことの2点です。あとこれはTwitterだからこその盲点だったのがサムネイル。Twitterの画像のサムネイルはAIによる自動判断でトリミングされてしまうので、内容によっては読み手側にオチが先に分ってしまうこともあるんです。それって4コマ漫画としては致命的ですよね。もしオチがサムネイルになってしまった場合は、漫画の色合いやセリフの文字数を少し変えたり、背景を付け加えることでサムネイル判定がズレるよう調整しています。

――これまでに1番反響があった作品を教えてください。

【ニョペ茄子】バズったのは『アド街を見た』です。ほのぼの系かと思って蓋を開けたら、超ブラックネタで尚且つシュールなオチだったのが刺さったのかな~と。

――フォロワーからの声は気にしますか?

【ニョペ茄子】ちょっと捻った作品をアップしたときにフォロワーから「なるほどその発想はなかった」といったコメントをいただけると、おもしろさが伝わったんだなと分ってすごく安心します。でもフォロワーからのコメントは何でも嬉しいですよ、本当に。嬉しさのあまりコメントされた瞬間つい「いいね!」をしてしまって、逆にフォロワーから恐怖を覚えられることもあるくらいなので。

――印象に残っているフォロワーとのやりとりは?

【ニョペ茄子】昔、疎遠になった中高時代の友達が僕の作品に気づいて、「お前有名になってすげーじゃんw」「本出したら買うわ」と応援コメントをもらったことですね。でもこれは嬉しいと同時に「ネットこえーw」とも思いました(笑)。

――LINEスタンプも販売されていますが、反響はいかがですか?

【ニョペ茄子】LINEスタンプはもともとTwitterにアップしている4コマ漫画が100本いったら考えようかなって感じだったのですが、想像以上に制作してほしいというお声が多かったので作ることにしました。当初想像していたよりも、めちゃくちゃ売れました。「全然売れなかったらどうしようw」と最初は思っていたので、買ってくださった方には感謝です。

――これからの目標を教えてください。

【ニョペ茄子】本を出したり、グッズを作ったりなどいろいろ野望はありますが、1番の目標はこれからもおもしろい4コマ漫画を描き続けることです!

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ