西3―1ヤ(15日)

共同通信

 西武は松坂が六回から登板し、変化球を巧みに操る投球で3回1安打無失点だった。3年目の与座も4回1失点で好アピールに成功した。ヤクルトは先発候補の高橋が4回1/3を投げて6三振を奪って2失点とまずまずの出来だった。

PR

プロ野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ