大相撲、白鵬8連勝でトップ維持

共同通信

 大相撲春場所8日目(15日・エディオンアリーナ大阪)横綱白鵬は阿炎をとったりで下し、8連勝で単独トップを維持した。自身の最多記録を更新する49度目のストレート勝ち越し。鶴竜御嶽海を一気に押し出す完勝で6勝目。御嶽海は2敗に後退した。

 大関昇進が懸かる関脇朝乃山は豊山にすくい投げで屈し、2敗目を喫した。一人大関の貴景勝は小結北勝富士を押し出して5勝目を挙げた。

 全勝の白鵬を追う1敗は隆の勝と碧山の平幕2人に減った。鶴竜ら6人が2敗で続く。

PR

大相撲 アクセスランキング

PR

注目のテーマ