【麒麟がくる】岡村隆史演じる“菊丸”の正体が明らかに

オリコン

 NHKで放送中の大河ドラマ『麒麟がくる』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)で、お笑い芸人岡村隆史が演じるオリジナルキャラクター(架空の人物)・菊丸の正体が第9回(15日放送)で明らかになった。

【麒麟がくる】光秀は、のちに妻となる熙子と再会

 第1回の冒頭から野盗に捕まった農民として登場した菊丸。美濃・明智の荘で主人公・明智光秀(長谷川博己)と出会い、三河出身の農民と自己紹介していた。光秀と尾張に潜入した際は、光秀の危機を助けたことも。織田信長(染谷将太)がどんな男か見てきてほしいと、帰蝶(川口春奈)に頼まれて再び尾張に入った光秀に、信長を教えたのも菊丸だった。

 神出鬼没で、ただ者ではない感じを醸し出していたが、その正体は、のちに徳川家康を名乗る松平竹千代(岩田琉聖)の実母・於大(松本若菜)とその実兄・水野信元(横田栄司)に仕える忍び。水野兄妹の命を受け、情勢に翻ろうされた悲運の少年・竹千代に害が及ばぬよう、影で竹千代を守り続ける。

 制作統括の落合将氏は「その眼の奥には、自らの生まれ故郷・三河へのあくなき愛があります。駿河と尾張の狭間で翻ろうされる悲しき三河の民を、岡村さんが全身全霊で演じてくれています。家康が本役・風間俊介さんになってからも、陰になり日向になり、家康を全力で守っていきます。正体が明かされた菊丸を、今後ともよろしくお願いいたします!」と、コメントを寄せている。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ