吉田鋼太郎『SUITS』新作で“最恐”悪役「大変やりがいを感じております!」

オリコン

 俳優の吉田鋼太郎が、4月13日からスタートするフジテレビ系新“月9”ドラマ『SUITS/スーツ2』(※初回30分拡大)に出演することがわかった。すでに公開されたポスタービジュアルでは後ろ向きの姿だけが公開されており、さまざまな憶測を呼んだその正体が吉田であることが判明。吉田は日本の四大法律事務所の一つ『幸村・上杉法律事務所』の共同代表・上杉一志(うえすぎ・ひとし)役を演じ、シーズン2最恐の悪役として初共演となる織田裕二演じる主人公・甲斐正午に立ちはだかる。

【写真】織田裕二&吉田鋼太郎の対峙シーン

 2018年10月期に続く『SUITS/スーツ2』は全米メガヒットドラマ『SUITS』のシーズン2を原作に、負け知らずの敏腕弁護士・甲斐、経歴詐称の天才ニセ弁護士・鈴木大輔(中島裕翔)がさまざまな訴訟に向き合い、問題を解決していく重厚なストーリーと、海外原作ならではのユーモラスさとテンポのいい掛け合いが見どころのリーガルドラマ。

 オファーを受け吉田は「まずは、織田裕二さんと鈴木保奈美さんと共演できるということが、とてもうれしいなと思いました。“SUITS/スーツ”は、本国で大変な人気を誇るシリーズが原作で、それを完全になぞらず、日本版としてオリジナリティーを出しているので、大変やりがいを感じております!」とやる気十分にコメント。

 原作では、デヴィッド・コスタビルが演じるダニエル・ハードマン役に上杉は表向きの顔は、優秀で謙虚、愛妻家で仲間思い。実績と信頼を着実に積み上げてきた敏腕弁護士。しかし、裏の顔は目的達成のためなら手段を選ばない、私欲まみれの事務所にとって危険な男。シーズン1では、病に伏す妻のために長期休暇を取っていたが、復帰の意欲をのぞかせる。この上杉の復帰は、甲斐と事務所を脅かすほどの事態に…。上杉の登場により、シーズン1以上に、「幸村・上杉法律事務所」のメンバーの人間模様が色濃く描かれる

 役柄について「本国のドラマでは、悪役という印象がものすごく強い役だと解釈しましたが、織田さんの話を聞いたり、台本を読むことで、もう少しひねりの加わった、ただの悪役ではないように思います。いわゆる、ただのステレオタイプの悪役っていうのはあまり面白くないので、さらにやりがいを感じています。上杉には上杉の理由や事情があるというところが、台本には大変詳しく書いてあるし、なによりも織田さんが本当に熱心な方で、現場でいろいろな説明をして下さるので、聞けば聞くほど深い役だなと思います」と自分なりの上杉像を作り上げている。

 そんな織田の印象については「織田さんは本当にいい意味で“芝居バカ”といいますか、芝居に対して、俳優をやることに対して、ものすごく熱心な印象があります。こんなにもお芝居に対して、熱心で前向きな人には、あまりお目にかからないです」と驚く。「織田さんをはじめ、皆さんがすごく深く台本を読み込み、すごく真面目に芝居をしています。画面に見えてくるものは、軽やかなユーモアだったり、ステキな空間だったりですが、とても真面目に作り上げていくドラマで見応えがあると思います。ぜひ楽しみにして下さい!」と呼びかけている。

 これにあわせ、ポスタービジュアルも解禁。メインビジュアルでは、窓側に目をやり、後ろ姿を見せていた吉田だが今回、お披露目されたポスタービジュアルでは、織田演じる甲斐と鈴木保奈美演じるチカに背を向け、対立構造を表している。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ