玉城ティナ、10色のヘアカラーに変身 大人の女性や無邪気な少女を演じ分け

オリコン

 女優でモデルの玉城ティナ(22)が、ヘアカラーブランド「パルティ」の新イメージキャラクターに決定し、新商品「カラーリングミルク」の10色のヘアカラーに変身したビジュアルが公開された。

【写真】10色のヘアカラーに変身した玉城ティナ

 女性ファッション誌『ViVi』最年少モデルとしてデビューした玉城は、女優としても活躍し、昨年は『Diner ダイナー』(蜷川実花監督)『惡の華」』井口昇監督)で第44回報知映画賞新人賞を受賞。今回は「どんな色にも染まることができる透明感を持っており、新商品の世界観に最も合う方」という理由で起用された。

 今回の新商品は各カラーに「ムードカラー」と呼ばれる絶妙な色名が付いており、それぞれのテーマに沿った衣装・スタイリングに合わせ、10 通りの顔を披露。撮影では要求にも即座に表情を変えていき、あるカットではグッと大人っぽくパーティーの雰囲気、次のカットでは無邪気でかわいい少女のように、女優として演じ分けてみせた。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ