聖飢魔II、大黒ミサツアー日程発表 10月~来年3月まで15公演

オリコン

 地球デビュー35周年を記念し、期間限定で再集結することを元日に発表した悪魔の集団・聖飢魔IIが10月からスタートする大黒ミサ(コンサートのような形式で行われる集会)ツアーの日程が16日、発表された。

【画像】地球デビュー30周年を記念したライブ 重厚なセットも召喚

 構成員はデーモン閣下、ライデン湯澤殿下、ゼノン石川和尚、ルーク篁参謀、ジェイル大橋代官。10月11日の福岡サンパレスホテル&ホール公演からスタートし、翌年3月14日のさいたまスーパーアリーナまで計15公演が行われる。

 聖飢魔IIは“悪魔教”の布教のため、ヘビーメタルバンドの様式を用いて魔暦前14(1985)年9月に地球デビュー。老若男女や民族を問わず、信者(ファンのようなもの)を増やし続け、ハードロック/ヘビーメタルバンド初となる『NHK紅白歌合戦』出場、オリコンランキング1位を獲得した。

 魔暦元(1999)年12月31日、デビュー時の公約どおり地球における任務を終了し解散したが、征服した地球の視察を目的とし、地球デビュー20周年、25周年、30周年のタイミングで期間限定再集結。そのたびに信者が増える現象が続いている。

■聖飢魔II 地球デビュー35周年記念期間限定再集結「大黒ミサツアー『(仮)タイトル』」
▽魔暦22(2020)年
10月11日(日):福岡・福岡サンパレスホテル&ホール
10月20日(火):東京・東京国際フォーラム ホールA
10月31日(土):北海道・札幌文化芸術劇場 hitaru
11月7日(土):宮城・仙台サンプラザホール
11月15日(日):静岡・静岡市民文化会館 大ホール
11月21日(土):石川・本多の森ホール
11月28日(土):香川・レクザムホール・大ホール(香川県県民ホール)
12月6日(日):京都・ロームシアター京都 メインホール
12月14日(月):大阪・グランキューブ大阪
12月19日(土):広島・広島文化学園HBGホール
12月27日(日):長野・ホクト文化ホール 大ホール
▽魔暦23(2021)年
2月20日(土):兵庫・神戸ワールド記念ホール
2月21日(日):兵庫・神戸ワールド記念ホール
3月6日(土):愛知・日本ガイシホール
3月14日(日):埼玉・さいたまスーパーアリーナ

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ