TKO木下隆行「GENIE'S ENTERTAINMENT」と業務提携契約 ジーニー堤が報告

オリコン

 松竹芸能を退所した、お笑いコンビ・TKOの木下隆行(48)が16日、芸能事務所「GENIE'S ENTERTAINMENT」との業務提携契約を締結した。同日、代表取締役を務めるお笑い芸人・ジーニー堤が自身のブログで報告した。

【写真】TKO木下隆行、ツイッターで松竹芸能退所を報告

 ジーニー堤は「2020年3月16日 弊社株式会社ヴィンテージ1はTKO木下隆行氏と業務提携契約を締結した事をご報告申し上げます」と報告し「イベントやテレビ、ラジオをはじめとした既存の仕事から新ジャンルにおける挑戦まで幅広くサポートさせて頂く予定でございます。今後も木下共々ご愛顧下さいますようよろしくお願いいたします」と記した。

 続けて「一芸人のジーニー堤としては、およそ7年前から木下さんにとても可愛がって頂きました。初めてお会いした時に『才能あるよ!すごいわ!頑張れよ!』と言われた一言はその後の活動の支えとなりました」と木下との出会いや思い出を回顧。

 「木下さんのプロデュースするブランドの展示会へも毎回お声掛け頂き、良いものを安く購入させてもらってメディア出演時の衣装としても大変助かっておりました。食事や旅行、沢山のお時間を過ごさせて頂いた中で僕から見る木下隆行という人間は面倒見が良く、笑いに真剣で、お笑いにも後輩にも共演者にも愛のある人間でした」と、その人柄に触れた。

 「その木下さんの今後の活動をお手伝い出来ることはとても光栄な事です」としたジーニー堤。「今後の木下さんの活動を考えた際に、木下さん自身は昨年の報道が出て以降自ら何の発信も発言もしていません。なので、まず最初に本人の口から各種報道記事の詳細や事実部分、今後のこともきちんと発表すべく検討を重ねております」と伝えた。

 木下が発言する場については、3月末、4月頭には準備を整える予定。「世間の皆さまにキチンと本人から説明をしなければと思っております」とし「弊社がまだ小規模な事務所の為十分な仕切り、インフォメーションが出来ないと思い会見などでの発表は現状では考えられておりません。取り急ぎ準備が整い次第本人のSNSなのか、会見なのか、複数お問い合わせ頂いてるメディアや番組なのか、発表の場はまだ定まっておりませんがしっかりと発言させて頂きます」と報告した。

 最後は「決定次第日程も含めて私からも木下さんからも告知させて頂きますので、憶測での記事はお控え頂きたく思います」と呼びかけ「引き続きよろしくお願いいたします」とメッセージしている。

 木下は、3月15日をもって松竹芸能を退所することを今月5日に発表。相方の木本武宏(48)とコンビを存続するとし、今後フリーとして引き続き芸能活動を行っていくとした。

 木下においては、以前より後輩へのパワハラ疑惑が報じられていたが、ORICON NEWSの取材に松竹芸能は「それが直接的な原因ということではありません」と否定。「報道もあった中で去年から今後どうしていく、という話し合いを本人と重ねており、結論として別々の道に進みましょうという落とし所になった」と説明していた。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング