大相撲、千代丸が2日続けて発熱

共同通信

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、無観客での開催となっている大相撲春場所9日目の16日、西前頭15枚目の千代丸(28)=本名木下一樹、鹿児島県出身、九重部屋=は15日に続いて37・5度以上の発熱があった。新型コロナ感染を調べるPCR検査を受けるという。

 千代丸は15日に39・7度の高熱があり休場した。日本相撲協会の鏡山危機管理部長(元関脇多賀竜)によると、16日朝も40度あったため大阪市内の病院で、蜂窩織炎の疑いが強いと診断された。しかし師匠の九重親方(元大関千代大海)からPCR検査を受けさせると報告された。胸部のエックス線検査は異常がなかった。

PR

大相撲 アクセスランキング

PR

注目のテーマ