Snow Man、初冠番組で体当たりロケ “おいしい水”求め全国へ「たくさんの愛をいただきました」

オリコン

 人気グループ・Snow Manが出演する25日放送のTBS系バラエティー『それSnow Manにやらせて下さい』(後11:56)の詳細が発表された。記念すべき初の冠番組で彼らが今回挑むミッションは“一番おいしい水はどれなのか”を調査すること。メンバー9人は、番組が調べた日本を代表する5つの名水を取りに行くため、5チームに分かれて全国へ飛び、試練を乗り越えながら体を張った過酷ロケに臨む。

■Snow Manのプロフィール

 北海道・東北ブロックは佐久間大介、関東ブロックは岩本照と阿部亮平、中部ブロックは渡辺翔太と宮舘涼太、中国・四国ブロックは向井康二と目黒蓮、九州ブロックは深澤辰哉とラウールが担当。 しかし採水地まではスタッフの力を一切借りず、すべて自力で行かなくてはならないという厳しいルールが待ち受ける。

 予期せぬハプニング続出の過酷な旅で、個性を光らせ、無事に水を採取することができるのか。そして一番おいしい水はどれなのか。このたびスタジオ収録が行われ、収録後メンバー9人の番組に対する熱いコメントが到着した。

 念願の冠番組に岩本照は「初めての冠番組を通して、支えてくださったスタッフさんをはじめ、ロケ地で出会った方々からもたくさんの愛をいただきました」とサポートに感謝。スタジオではMCの立ち位置を担った深澤辰哉は「自分の中では悔いが残る部分もありますが、とても楽しかったです。いつかまたこういう機会をいただけるように、これからも頑張ります」と第二弾に向け気合を入れ直していた。

■収録後コメント
岩本照
「初めての冠番組を通して、支えてくださったスタッフさんをはじめ、ロケ地で出会った方々からもたくさんの愛をいただきました。自分たちがロケに行ったVTRを見ながらトークするのも初めての経験で新鮮でしたし、たくさんの“初めて”に出会うチャンスもいただけたと思っています。ぜひご覧ください!」

深澤辰哉
「Snow Manで冠番組をやりたいとずっと思っていたので、デビューして2ヶ月でやらせていただけるのは本当にありがたいことだと改めて感じています。スタジオではMCの立ち位置をやらせていただいて、自分の中では悔いが残る部分もありますが、とても楽しかったです。いつかまたこういう機会をいただけるように、これからも頑張ります」

ラウール
「スタッフさん、そしてロケ地で出会った方々の温かさをとても感じましたし、とにかく楽しかったです。笑うポイントがたくさんありすぎて、お腹が痛くなるくらいでした(笑)。本当に楽しかったので、またやらせていただきたいという気持ちでいっぱいです。放送をお楽しみに!」

渡辺翔太
「この番組をきっかけに、Snow Manをたくさんの方に知っていただけたらと思います。ジャニーズとしてパフォーマンスをする姿と、この番組で見せる姿のふり幅を見て、興味を持っていただけたらうれしいです。おいしい水の知名度に負けないように、Snow Manも頑張っていきたいと思います!」

向井康二
「他のメンバーのロケをスタジオで見るのが楽しみでした。メンバーそれぞれが楽しんでいたし、スタジオでもたくさん笑って、とてもいい経験をさせていただけたと思っています。Snow Manらしさが伝わる番組になっていると思うので、ぜひ楽しみにご覧ください!」

阿部亮平
「冠番組のサプライズ発表の時に、スタッフさんから言われた言葉に恥じないロケになったのではないかと思っています。体も張りましたし、僕と岩本はすごく歩きました(笑)。おいしい水の情報も提供できますし、僕たちのことをたくさんの方に知っていただける番組になったと思います」

目黒蓮
「スタジオ収録でロケのVTRを見て、編集やナレーションからもスタッフさんの愛を感じました。僕らも家でテレビを見ているかのような気分で楽しめたので、ぜひ期待していただきたいです。過酷なところもありましたが、ロケ地で出会った方にも優しくしていただき、この番組を通してたくさんの愛を感じることができました」

宮舘涼太
「初めての冠番組で、スタッフの皆さん、ロケ地でお会いした方など、たくさんの出会いがありました。また幼馴染でもある渡辺(翔太)とロケに行って、昔のいろいろなことを思い出したり、『石が好き』という彼の新たな一面も発見しました(笑)。今回僕たちが調べた“水”は生きていく上で必要不可欠なものですが、この番組も誰かにとって必要不可欠なものになれたらうれしいです」

佐久間大介
「僕は雪の多い東北へロケに行ったのですが、本当に大変でした(笑)。でも初めてのことを色々と経験させていただいて、学んだこともたくさんあったと思います。スタジオでは、Snow Manらしさが出る自由なスタイルにしていただけたこともうれしかったです。とても楽しかったですし、もっと僕らのことを知っていただきたいので、いつかレギュラー化できたらうれしいです!」

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ