ドイツ、4月2日まで全試合延期

共同通信

 【ベルリン共同】サッカーのドイツ・リーグは16日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、4月2日までの全試合を延期することを正式に決めた。4月3日以降のリーグ戦の開催可否については3月30日以降に再協議するという。

 ドイツ1部では大迫勇也(ブレーメン)長谷部誠、鎌田大地(ともにアイントラハト・フランクフルト)、2部では原口元気(ハノーバー)遠藤航(シュツットガルト)宮市亮(ザンクトパウリ)がプレーしている。

PR

海外サッカー アクセスランキング

PR

注目のテーマ