ピクサー新作、今夏公開 人間が生まれる前の“魂<ソウル>の世界”が舞台

オリコン

 『トイ・ストーリー』シリーズや『ファインディング・ニモ』など多くのヒット作を生み出しているディズニー/ピクサーの新作『ソウルフル・ワールド』が今夏、公開されることが発表された。『トイ・ストーリー』から25周年の節目に公開が決まった本作では“生まれる前の魂<ソウル>の世界”が描かれる。

【動画】ピクサー新作の特報映像

 ピクサーの原点『トイ・ストーリー』(1995年)で原案を担当し、『モンスターズ・インク』(01年)で監督デビューを飾ったピート・ドクター氏がメガホンをとる。『カールじいさんの空飛ぶ家』(09年)、『インサイド・ヘッド』(15年)でアカデミー賞長編アニメーション賞を獲得した巨匠が、ピクサーの新たな感動作を生み出す。

 『インサイド・ヘッド』では、“頭の中の世界”を舞台に<感情>をメインキャラクターとして起用。「人の記憶や感情の動きなど、人間の内面と行動の関係。頭の中で起こっていること」という文字列では難しいテーマを、エンターテインメント作品に仕上げたピート監督。本作は「23年の歳月をかけて製作した」という自信作で「もしも生まれる前に“どんな自分になるか”を決める場所があったとしたら?」というテーマを世界中の人々にぶつける。

 あわせて、特報映像も解禁。「どんな人間になりたい?」と現代に生きる人が「ドキッ」とするような質問からスタート。主人公・ジョーのジャズピアノの演奏とともにニューヨークの街が映し出されていく。ジャズミュージシャンを夢見るジョーだが、街を歩いている最中にマンホールへ落下。目を覚ますと青くかわいらしい姿になっていたが、そこは人間が生まれる前の“魂<ソウル>”の世界。ジャズクラブでの演奏までわずかだが、ジョーは地上に戻り、夢をかなえることができるのか…。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ